CDJ19/20 この世でもっとも華やか、エレガントな「ゲスの極み乙女。」

 「ゲスの極み乙女。(敬称略)」は一言でいうと音楽性も話題も尽きないバンド。この日のゲス極は四人ともベージュのスーツをきて、ものすごい派手な登場だった。「猟奇的なキスを私にして」、「ロマンスがありあまる」からはじめ、ちゃんMARIのキーボードと休日課長のベースが走り出し、華やかさを一気に出した。

 ボーカル川谷絵音がライブパフォーマンスをする他に、メンバーをいじりつつも紹介して、会場を盛り上げた。また、この日の演目はなんと芸人の井戸田潤と森田哲矢もゲスト出演、途中でトークとネタを披露した。

 「はしゃぎすぎた街の中で僕は一人遠回りした」、「アソビ」に奏でたら、フェスの定番曲「キラーボール」が響く。会場が瞬時ダンスフロアに変わって、客がキーボードのリズムに乗り、自由に踊りだした。ロックフェスは自由とよく言うけど、ゲス極の現場こそこのことばの体現者である。

 普段ならここがピークだが、今年は新ナンバー「キラーボールをもう一度」があって、トリ曲としてさらに披露した。ダンスフロアの雰囲気が続く中、ブラスバンドが登壇して、音楽性をさらに強くした。いこかのドラムがブラスバンドとの相性がよく、ライブをパーティーナイトに変えた。寂しそうで華やかな楽曲が、どこまでも俺たちを踊らせた。

1. 猟奇的なキスを私にして

2. ロマンスがありあまる

3. パラレルスペック

4. はしゃぎすぎた街の中で僕は一人遠回りした

5. アソビ

6. キラーボール

7. キラーボールをもう一度

Loading Disqus Comments ...
Loading Facebook Comments ...

Leave a Reply

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *

這個網站採用 Akismet 服務減少垃圾留言。進一步了解 Akismet 如何處理網站訪客的留言資料