マシュマロ3d+台湾初ライブ大成功に終え ライブ映像もDVD発売決定!

8月25~26日、台湾においてもっとも知名的なロックフェス「No Fear Festival」が開催され、二日目に「マシュマロ3d+」が晴れて出演、炎天下の中に40分もライブパフォーマンスを行い、かわいらしい仕草とキレのあるダンスが、当日一番の爪痕を残した。この台湾でのライブ映像とメイキングはDVD化に決定しており、12月23日の定期イベントから発売。また、公式ホームページからの購入も可能になっている。

『マシュマロ3d+ in 台湾 「NO FEAR FESTIVAL 2017」~初海外&初野外ライブ、みんなでホント頑張ったよ!の巻~』

No Fear Festivalは毎年台湾の中部「台中」に開催する無料ロックフェス。ほかのロックフェスより、No Fear Festivalはかなり積極的に日本のアーティストやミュージシャンをオファーする傾向である。

また、無料フェスであるため、来場者の年齢層が幅広い。若い世代はもちろん、中年から公演まで、家族全員でステージを見ることもしばしば。

マシュマロ3d+は阿部乃みく、篠宮ゆり、あやね遙菜、あず希、水嶋アリスの5人によって結成したアイドルユニット。メンバーそれぞれはセクシー女優として仕事をこなす一方、歌とダンスも練習している。実績も豊富で、累計シングル10枚以上、アルバムも2枚リリースしている。

セクシー女優が海外にイベント参加することはめずらしくないこのご時世だが、単体ではなくアイドルユニットとして、しかも全員勢揃いというのは、もうはや奇跡とも言える。参加するイベントがロックフェスならなおさら。

マシュマロ3d+に関して、3人のメンバーは単体で台湾に仕事した経験があるけど、ライブではなく、主に撮影会やキャンペーンがメイン。ユニットとしての台湾出演はもちろん、ライブ自体も初披露になる。

にもかかわらず、ライブステージ約200人集まり、当日一番輝いたアイドルステージになったとも言える。言葉が通じないところもあったが、それ以上に歌声とダンスの姿が目映えるものがあり、曲が終わるごとに拍手が起きる。曲中にコールの声が聞こえて、振りコピする子どもや憧れの目でみてる女子もいた。

特典会も、現地の若い人が殺到。台湾においての単体イベントを参加したファンも駆けつけてた。特典会の列の長さは、当日随一とも言える。

ライブ後のインタビューでは「天気予報は雨でしたが、暑かったけどいろんな人たちが集まってくれて、やり切った感があって、とても楽しかったです。」(あやね)と感想を述べた。

元々は女優の仕事が本業だから、イベント以外にファンとの接する機会が少なく、いざアイドルデビューすると、みんなの前にダンスするのが大変緊張という。

マシュマロ3d+の活動において「最初はステージダンスするのがかなり緊張するけど、いまは段々慣れてきた。」(水嶋)「最初から生歌を拘っているから、レッスンの結果と本人の努力がすごく見えてくる。みんなもそうだけと、篠宮のピッチと声量はかなり進歩した。」(藤井P)

五人の団結力と仲もよく表した。あず希と水嶋が2016年10月24日から加入したメンバーであり、先輩の三人に対して、敬意を抱きつつも最初は多少怖がっていた。

「メンバーが入れ替わる時期があって、しかしそれでも全体的のパフォーマンスレベルを落ちてほしくないから、二人にできない部分をちゃんと指摘したし、伸びてほしかった。でも今は二人ともすごく勉強熱心だし、ライブはよくできている、ちゃんとほめてる。」(阿部乃)

「わたし元々友達がいなくて、引きこもりでした。でもユニットに入ってからメンバーたちと友達になったし、一緒にいろんなところに活動できて、とてもうれしい。」(あず希)

(12月18日再掲)

Loading Disqus Comments ...
Loading Facebook Comments ...

Leave a Reply

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *